コンクリート舗装で駐車場もお庭も、丈夫に使いやすく!

 

皆さん、こんにちは。群馬県利根郡を拠点に外構・エクステリア工事を手がける株式会社天照です。


駐車場やお庭やアプローチなどに舗装をせず、土をむきだしにしたり草が生えっぱなしのままにしていませんか?

土がむきだしですと、靴や服の裾に泥がついて家に汚れを持ち込んでしまいますし、冬は凍結したり、梅雨時やゲリラ豪雨で水がたまった状態が続くと不衛生です。

さらに水はけがよくないとぬかるみとなって足を取られたり、カビ・コケやシロアリなどの害虫の発生にもつながりかねません。


そこでおすすめなのが、耐久性にすぐれて見た目もスッキリとしたコンクリートで整地すること。今回はコンクリート舗装によるメリットを紹介します。




■舗装にはどんな素材が使われる?



一般的にエクステリアの舗装には、砂利やアスファルト、コンクリートなどが使われます。


砂利はローコストで済みますが、車を置いたり頻繁に歩いたりする場所は、その部分だけ砂利が沈み込みがち。そうなると草が生えやすくなったり土が露出してしまうので、定期的に慣らす必要があります。

また水はけがよくないので洗車には不向き。雪が降る地域にも向いていません。


アスファルトは砂利よりはコストはかかりますが比較的安価。国道にも使われているように耐久性はばつぐんです。

ただし小石にタールをまぶして固めているため、夏場は熱がこもって照り返しで暑くなってしまうのが難点。またデザイン的に味気なく、機能面でもへこみがあると水がたまってしまいます。




■コンクリート舗装のメリットとは?



ではコンクリートにはどんな特徴があるのでしょう。

コスト的にはアスファルトよりは多少かかりますが、見た目が白っぽくスッキリとするため、家全体が明るい印象になります。耐久性も高く数十年は敷き直す必要はないので、コストパフォーマンスの良い材料です。


砂利のように足元がガタガタしたり雑草が生えてくることもなく、雨の時でも車や靴が汚れないのもうれしいところ。水を流してもぬかるまないので、洗車もラクにできます。




■DIYは悪手! コンクリート舗装はプロに依頼を



コンクリート舗装ならDIYでもできるだろう……と挑戦される方もいらっしゃいますが、技術的な見地からおすすめできません。


というのも、コンクリートは水を吸い込まない分、短時間で大量の雨が降ると水の逃げ場がなくなってしまうので、水が流れていくように勾配をつけて施工をします。勾配といっても目で見てわかるものではなく、平均的には2%。つまり1mに対して2㎝程度の角度ということです。

一見地味な作業ですが、だからこそエクステリア業者の腕の見せどころとも言える工程で、敷地によっても条件がそれぞれ異なるため、熟達したテクニックが必要になります。


また見よう見まねでDIYを行うと、施工後しばらく経ってからヒビ割れや凹凸が生じるなど、材料代と労力の浪費にもなりかねません。したがってコンクリート舗装は、地元の気候風土や敷地の特徴を知り尽くしたプロの業者に依頼するのが、もっとも確実で安心です。


天照は群馬県を中心にエクステリア工事を手がけており、各地の気候に合わせたエクステリア・デザインが可能です。

お客さまの生活に寄り添う外構づくりを心がけており、メンテナンスがラクで長持ちすることをモットーとした外構・エクステリアをご提案しております。


舗装やブロック塀の改修、カーポトの設置といった部分的なことから、家やお庭全体のエクステリアまで、ご予算やご希望にあわせて柔軟に対応しております。外構・エクステリアに関して気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。